サイトの表示速度が気になるときにチェックしたい3つのサイト

皆さんはサイトの表示速度を意識したことありますか。

2018年の7月からモバイルの読み込み速度がモバイル検索ランキングに利用されることが発表されました。これによってモバイルでの表示速度も気にしなければなりません。

参考:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

Googleでは、「読み込み速度」をランキングシグナルとして使用しています。つまり、表示速度の対策はSEO対策として重要です。どうしてGoogleが表示速度をシグナルとして利用しているかですが、ユーザーが表示速度を重視しているからだと考えられます。検索をしているときに表示速度が遅くて離脱した経験は誰しもあると思いますが、そういうサイトがいくつも検索の上位にあったら、Googleの信用にも関わりますよね。

サイトを立ち上げた頃は、サーバーが貧弱でなければそれなりに早いですが、プラグイン、タグ、webフォントを導入したりすると少しずつパフォーマンスが落ちていきます。少しでも遅いなと感じたらすぐに改善しましょう。

というわけで、今回はサイトの表示速度を改善するためのヒントを得られるサイトを紹介します。

PageSpeed Insights

Googleが提供するサイトのパフォーマンスを計測するサイト。

PCとSPの両方のパフォーマンスが測れます。

例えば次のような改善案が提案されます。

 

  • HTML/CSS/Javascriptの圧縮
  • 画像サイズの圧縮
  • サーバーのレスポンス速度の改善
  • レンダリングブロックの排除
  • キャッシュの活用

PageSpeed Insightsへ移動する

TestMySite

Googleが提供するモバイルサイトのスピードを計測するサイトです。3G回線での速度を計測することができます。

計測後に、無料レポートを取得することができるので、改善に役立てることができます。(レポートで指摘されることは、PageSpeed Insightsとほぼ一緒です)

TestMySiteへ移動する

GTMetrix

無料のパフォーマンス計測ツールの中で最も定番サイトです。

PageSpeed Insightsよりも事細かにチェックできるます。

GtMetrixへ移動する